忍者ブログ
クレジットカードに関するお得で役に立つ情報を集めて紹介します。クレジットカードってどんどん生活の中に浸透してきています。昔なら「あれば便利」という感じですが、どんどん「無ければ不便」という状況になってきています。ETCやネットショッピングなど、クレジットカードがないと不便なシーンは意外に多いです。あると何気なく使っているクレジットカードで、空気のような存在だからこそ、慣れた人には無いと困るクレジットカードですね。クレジットカードの最新情報や、忘れがちだけど忘れてはいけない重要なことなどをポツリポツリと紹介します。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
2020/02/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/04/11 (Mon)
ソニーカードの資料請求: 

 eLio機能があり、インターネットでのショッピングに便利なソニーカード。

ソニーカードはソニーファイナンスのクレジットカードです。

ソニーカードには、ソニー関連の特典やサービスも満載です。


 ソニーファイナンスのホームページからソニーカードの資料請求ができます。

また各種提携カードの資料請求もできます。

電話ならソニーファイナンスカードセンターで資料請求ができます。






おすすめのカード【ライフカード】: 

ライフカードは数あるクレジットカードの中でもおすすめの1枚です。

何がおススメかというと、ライフカードのポイントシステムです。

ポイントはクレジットカード利用の楽しみの一つでもありますが、ライフカードは様々なタイミングでボーナスポイントが入るため、ポイントがたまりやすいです。

ポイントを重視する人には外せない1枚です。





ネット証券とカード: 

ネット証券の口座開設時にクレジットカードを申込める証券会社を探していた人がいました。

投資をクレジットカードで購入するということでしょうか?

クレジットカードといえば消費に使うものというイメージのせいか、なんだか違和感を感じます。

でもこれって私だけでしょうか?

ちなみにSBI証券ならJCBつきのカードがあるようです。





消費者金融貸出残高2007: 

大手消費者金融の2007年の貸出残高右肩下がりで減り続けました。

背景にあるのは、貸金業法改正による規制強化です。

アコムも、武富士も、プロミスも、アイフルも、審査を厳しくしているようです。

そのかわり、金利が下がっているという、いい面もありますがね。






クレジットカードの発行枚数: 

クレジットカードの発行枚数は知っていますか?

クレジットカードの発行枚数はなんと3億枚を超えています(3億859万枚/2008年3月時点)。

ちなみに2006年3月時点では2億8905万枚(日本クレジット産業協会発表)なので伸びています。

QUICPayやiD(アイディ)など利便性も良くなり、公共料金でも使えるようになっていますからね。

増えていて当たり前でしょうか。



近頃なるほどなと思ったページです・・・一人で悩みがちな借金のこと。実は相談すればいい方法が見つかるかもしれません。法律や制度の改正で多くの人が借金の悩みを解決してます。京都市こっそり借金相談して問題解決の近道を見つけましょう。
PR
2011/04/02 (Sat)
オリコカードの資料請求: 

 オリコカードはポイントがたまりやすいと評判のクレジットカードです。

それは利用件数ポイントというのがあり、通常のカード1,000円利用毎1ポイント付与にプラスして付与されます。


 オリコカードの資料請求や問い合わせはオリコカードセンターへの電話が便利です。

オリコカードはラインナップも豊富なのでしっかり選びたいですね。

ちなみに既に会員となっている人なら、ホームページも便利です。





カードによる支払い方法の違い: 

クレジットカードは多様ですが、支払い方法に着目しても実は多様です。

支払い方法はどのカードも同じと思い込んではいけません。

たとえば、リボ払い専用カードというものもありますし、余裕があるときは規定回数以上に返済額を自由に増やせるカードもあります。

できるだけ自由度の高いカードなら、リボ払いのように気楽に買い物ができる一方で、金利や手数料を必要に応じて節約することもできます。

カード選びでは支払い方法の確認も大事ですね。






カードローンを利用: 

カードローンって便利。

用途に関係なく借りられて手軽です。

ただ、手軽すぎて困ることも。

つい使いすぎてしまって、後で失敗したと悔やむことも・・・。

しっかり使いこなせば、頼りになる便利なカードローン。

使い方をもっと身につけなくては。

便利なものって何でもそうですね。

使い方が肝心です。




2011/03/27 (Sun)
シティカードの資料請求: 

 シティカードといえば世界的には知名度の高いクレジットカードの一つです。

発行枚数世界最高ともいわれてます。

 
そんなシティカードの入会について検討するなら、まずは電話で資料請求しましょう。

フリーダイヤルも用意されてるようですので気軽にできそうです。

 
シティカードではオンラインサービスも便利です。

例えば、既会員による資料請求の他、利用明細の閲覧、登録内容の変更、ポイント交換、キャンペーン登録などなどができます。





クレジットカードの支払方法おさらい: 

どんな支払い方法に対応しているかというのもカード選びのポイントです。

支払い方法には大きく分けると手数料がかかる場合と、かからない場合があります。

手数料がかからない支払い方法は一括払いなどです。

便利でお馴染みのリボ払いや分割払いは手数料がかかります。

支払い方法の特徴を理解して上手に利用しましょう。





低金利のカードローン: 

カードローンを利用するなら低金利に越したことはないですね。

銀行系のカードローンには低金利のものも多いので、カードローン選びではチェックしたいところです。

審査が厳しいかもしれないですが、通れば得るものも大きいですね。

インターネットにはカードローンの比較をテーマにしたサイトがいっぱいあります。

参考になると思います。

ただし、古い情報だったり、サイト運営者の意図が入っている場合もありますので、詳細内容は公式サイトで調べるクセをつけたいですね。




2011/03/20 (Sun)
りそなカードの資料請求: 

 銀行系クレジットカードの一つに「りそなカード」があります。

銀行系と聞くと安心感がありますね。


 この「りそなカード」の資料請求は、ホームページでも電話でも受けつけてます。

カタログやカードや各種サービスへの申込書も請求できます。


 ちなみに「りそなカード」は提携先などにより、りそなカード<セゾン>、りそなUCカード、りそなJCBカード、りそなVISAカードなどがあります。






家族構成@カード入会審査: 

クレジットカードの入会審査は様々な項目を評価して総合的に判断されます。

その一つの評価に家族構成もあるようです。

同居家族の状況が少なからず入会審査にも影響します。

ちなみに、評価が高い順に並べると、独身で親と同居、既婚で親と同居、既婚で親と別居、独身で親と別居の順になっているようです。

子供はいたほうが評価を上げる傾向があります。






京都銀行とカードローン: 

京都銀行(京銀)のカードローンは、銀行のカードローンにしてはちょっと雰囲気が違う感じです。

まずは審査、最短で1時間程度での回答も可能とのこと。

利用者の視点に立った便利なサービスですね。

借り入れ限度額は10万、30万、50万円の3タイプ。

少し足りないときのご用達としては十分ですね。

また、銀行ならではの特典もあります。

それは、公共料金の引き落としや給与振り込みなどを京都銀行の口座に設定しておくと金利の面で優遇されるなど。

なかなか嬉しいカードローンですね。




2011/03/10 (Thu)
JCBカードの資料請求: 

 日本最大のクレジットカードはどこだと思いますか?

それはJCBカードでしょう。

国際ブランドとして海外でも広く利用できるクレジットカードです。

独自の特典もすごく魅力的です。


 このJCBカードについてもっと詳しく知りたいときは公式ホームページが便利です。

資料請求も1回につき4種類までできますし、届いた書類に書き込んで郵送すれば申し込みもできます。





住まい@カード入会審査: 

住まいの形態も実はクレジットカードの入会審査に関係してきます。

例えば持ち家のほうが信用は得られやすいです。

これは連絡が取れなくなる可能性が考慮されているようです。

基本的な順位を並べてみます。

こんな感じです。

持家(自分名義)、持家(家族名義)、官舎、社宅、寮、賃貸マンション・アパート、公営住宅、下宿などです。





セゾンのカードローン: 

クレジットカードでも良く知られるクレディセゾンですが、カードローンもあります。

名前は「マネーカード」と「マネーカードゴールド」です。

年会費は永久無料をうたってます。

ちなみに以前は「《セゾン》カードローン」または、「《セゾン》カードローン ゴールド」と呼ばれていたカードローンが名称を変えたものです。

支払い方法はリボ払いなので、返済額の変動が少なく、計画は立てやすいでしょう。

有名な会社のローンなら安心感も違いますね。





中国の銀聯カード: 

中国の銀行発行のキャッシュカードを利用した決済サービスの「銀聯(ぎんれん)」の利用者が増えているようです。

銀聯カードの発行枚数は13億枚だそうで、桁違いですね。

中国からの客を中心に日本での銀聯の取扱高が2007年は前年比で6.4倍に伸びたようです。

すごい急増ぶりですね。





クレジットカードと電気料金: 

クレジットカードは何にでも利用できるようになって来ました。

例えば電気料金。

電気料金のクレジット支払いは2005年~2007年に開始されました。

電気料金をクレジットカードにすることのメリットはポイントでしょうね。

それから記録が残ることで家計管理も楽にできることでしょうね。



最近チェックした気になるページです・・・マイカーのシビックもずっと快調ではいられません。故障やトラブル、不調なとき、ホントにその修理でいいのでしょうか。シビックの故障・トラブルのとき知っておきたい大事なこと。

ブログ内検索
プロフィール
HN:
みみどん
性別:
非公開
自己紹介:
ご意見・ご要望・ご感想は
ryodondon◎yahoo.co.jpまで。
スパム対策のためお手数ですが、
◎を「@」に変えて下さい。
バーコード
忍者ブログ * [PR]