忍者ブログ
クレジットカードに関するお得で役に立つ情報を集めて紹介します。クレジットカードってどんどん生活の中に浸透してきています。昔なら「あれば便利」という感じですが、どんどん「無ければ不便」という状況になってきています。ETCやネットショッピングなど、クレジットカードがないと不便なシーンは意外に多いです。あると何気なく使っているクレジットカードで、空気のような存在だからこそ、慣れた人には無いと困るクレジットカードですね。クレジットカードの最新情報や、忘れがちだけど忘れてはいけない重要なことなどをポツリポツリと紹介します。
[302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292
2017/11/21 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/06/16 (Thu)
タカシマヤカード: 

 「タカシマヤカード」はあの人気百貨店の高島屋が発行するクレジットカードです。

つまり高島屋公式カード。

高島屋でのお買い物が割引などですごくおトクになります。

それだけではないです。

高島屋での催し物も割引料金で入場できたり、高島屋がもっと楽しくなるカード。


 高島屋が近くにある人、よく行く人は要チェックなクレジットカード。

詳しい資料はネットで簡単に請求できます。

電話でも受けつけてますよ。





クレジットカードとスキミング: 

スキミングとは、カードの裏の磁気テープからデータをスキミング専用の機械で不正に読み取るものです。

一時期からかなり話題になりましたね。

ところでスキミングの機械も発達し非接触でも読み取る機械もあるそうです。

怖いですね。

暗証番号を推測しにくい番号にしておくことも非常に重要ですね。

ところで、ICカードへの移行でセキュリティーは高まっているようです。





証券会社のカード: 

証券会社でも提携カード(クレジットカード)を発行してます。

例えば、SBI証券なら「SBI証券JCBカード」。

カブドットコム証券の「kabu.comカード」や、マネックス証券の「マネックス《セゾン》カード」など。

ネット証券だけではないです。

野村證券の「野村マイファーストカード」や、大和証券の「大和証券VISAカード」などもあります。









銀聯カードの2007年度: 

中国の銀行が発行する銀聯カードが国内で利用され、急拡大しているようです。

銀聯カードの発行枚数は約15億枚。

すごいですね。

日本では2005年から利用が始まり、2007年度の決済金額は40億円と前年度の5倍になった模様です。

銀聯カードの利用はますます伸びそうですね。





家族会員: 

クレジットカードの家族会員のことはご存知ですか?

クレジットカードは本会員の家族なら、家族会員としてクレジットカードを持つことができます。

家族会員の場合、年会費が安くなるなど優遇されている面もありますので、別々にクレジットカードを作るよりお得な場合も多いです。

家族会員という方法も考えてみてはいかがでしょうか?


PR
ブログ内検索
プロフィール
HN:
みみどん
性別:
非公開
自己紹介:
ご意見・ご要望・ご感想は
ryodondon◎yahoo.co.jpまで。
スパム対策のためお手数ですが、
◎を「@」に変えて下さい。
バーコード
忍者ブログ * [PR]